福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

福岡糸島周辺情報

TOP

>

福岡糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

「雨が降ったり止んだり。此れもまた修行」

ふたみブログ

2020.7.28「雨が降ったり止んだり。此れもまた修行」

「ここ、帰寂苑にいる私たち、霊園スタッフのみんなからは、

お地蔵さんではなく“お坊さん”と呼ばれています。

こういう姿をしていますが、実は私たち、一体一体、お墓なのです。

背中にある石扉から骨壺を内部に安置しています。

なぜ霊園スタッフは親しみを込めて“お坊さん”と呼ぶのか。

それは、私たち一体一体を仏道修行者にたとえ、

仏道を終えて寂光浄土・極楽浄土に帰ることを意図するお墓として、

一般的な“お墓”の形ではなく、お坊さんの形に仕上げてくれてました。

今はまだ午前中。朝から雨が激しく降ったかと思えば止んで、

そしてまたスコールのような雨が降ったり。でも、私たちはお坊さん。

急激な天候の変化があっても、此れもまた修行。

でも、福岡・糸島の長い梅雨もあと数日で明けるのではないかと、

ここから見える海を見ると察しがつきます。此れも日々の修行の成果です。」

 

 

写真は今日の11時頃の霊園内、

永代供養・お一人様用のお墓『帰寂苑(きじゃくえん)』区画より。

数十分ごとに雨が降ったり止んだりが繰り返される、梅雨らしい、

目まぐるしく変わる天候です。でももうすぐでこの梅雨も明けそうです。

入道雲の片鱗も時折見えます。

海がまばゆい二見ヶ浦の季節までもう少し。霊園見学にいらっしゃる際には、

一体一体表情が豊かな“お坊さん”たち、管理事務所からもほど近い場所にある区画ですので、

ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

 

ところで皆さま、お坊さんの“坊”、なぜ“坊”言うのか、ご存知ですか…?

“坊”についてのうんちくは、当ホームページ内のコチラから。

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.