福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

お墓・霊園の手引き

TOP

>

お墓・霊園の手引き

>

よくあるQ&A

よくあるQ & A

ここでは当園によくあるお問い合わせやご相談などを、Q&A形式でご紹介させていただきます。また、ご質問・ご相談がございましたらメールにてお寄せください。

生きてるうちに、お墓の準備はできるのでしょうか…?
できます。生前にご自身やご家族のためにお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」といい、「生前墓(せいぜんぼ)」などといいます。古代中国では生前墓を建てることは、長生きができる縁起が良いこととされてきました。日本でも大昔の「古墳」は、この由来によるものでもあり、時代を超えた現代でも珍しいことではありません。また、生前にお墓を建てておくと、祭祀財産の扱いになり、税金はかかりませんので、お子様などにお墓のことでご負担を掛けさせたくないという思いから、生前に購入される方も多いです。
民営の墓地は、このご時世、将来を考えると不安なのですが…
入手した墓地の使用権は、子から孫へと代々受け継がれるものです。管理・運営体制がしっかりしている霊園・墓地であれば問題はありません。皆さまのお墓をお預かりする墓所は、簡単になくなることはありません。まずはご自身の目で、色々な霊園・墓地・寺院を回られて、信頼のできる墓所選びをされることをおすすめします。
お墓はいつ建てるべきでしょうか…?
特別決まりはありませんが、新しくお墓を建てられる際は一周忌を目安に納骨を考えれられる方が多いようです。既に先祖代々のお墓を持たれている方は、一般的には49日の法要に併せて納骨を行うことが多いようです。しかしながら、必ずしも49日にお墓に納めなければならない理由も法律もございません。既にお墓をお持ちの場合も、新たにお墓を建てられる場合も、すぐに納骨ができない時は、一時的に寺院や霊園などに仮納骨をご相談されてみると良いかと思います。ご家族・ご親族と良く相談され、納得のいくお墓づくり、納得のいくタイミングで納骨されることをおすすめします。
公益財団法人の霊園墓地は、公営墓地や寺院墓地とどう違うのですか?
公益財団法人が主体となっている霊園墓地は民営霊園となります。規格墓所・自由墓所とも、多種にわたりお墓選びの選択が可能です。公営墓地と違い、建てる期日など決まりも少なく、規制がゆるやかなのが特徴です。また寺院墓地の場合は「檀家制」をとられているところも多いですが、民営霊園の多くは宗教、宗旨・宗派は不問のところが多いです。いずれにしても、公営墓地・寺院墓地も含め、色々と見てまわり、ご検討されることをおすすめします。
お墓の名義人を変更する場合、何を準備すればよいですか?
名義人変更の際は、新名義人の「戸籍謄本」、「印鑑証明」、及び「同意者(承認者)の印鑑証明」が各一通必要となります。また当園であれば、手続書にご署名を頂きますので、変更が必要になった際は、まずご連絡ください。詳しくご説明させていただきます。
お寺に所属していませんが、必要な時だけ呼んでいただけますか…?
当園の周辺・糸島エリア・福岡西エリアには、各宗派の神社・仏閣が多く所在しております。ご連絡いただければお客様の必要とされる宗派に応じて、その都度ご紹介いたします。
法要式を霊園で執りおこなうにはどうすればよろしいでしょうか?
当園には、園内施設として法要室・礼拝室がございます(有料)。まずは日時を決めてご連絡ください。お食事(有料・要予約)などができる和室もご用意しておりますのでご相談ください。
日々、どんな管理をしてらっしゃいますか?
例えば、ご建立頂いた方々がお墓参りの際に手向ける生花は、数日経つとせっかくの生花ではありますが見苦しい状態になります。特に台風などで天候が悪いと翌日には墓所通路などにもゴミが散乱したりもします。お客様にかわってそのような生花やゴミのかたづけなどをすることも、私たち霊園スタッフの日々の管理活動の一環です。その他にも、園内で植栽している花木の剪定や消毒、園内の雑草の刈り込みなどをはじめ、皆様がいつお越しになられても気持ちよくお墓参りや見学ができ、貴重な時間をお過ごしいただけるよう、日々清掃・管理業務に努めております。
お墓に納骨するときにはどうすればよいのですか?
すぐに霊園にご連絡ください。納骨の日時や彫刻などのお打ち合わせをさせていただきます。ご連絡をいただければ霊園スタッフが、流れなどお世話をさせていただきますのでご安心ください。(※当霊園の場合、埋葬料8,000円・税別)
新しい仏様の彫刻にはどれくらいの日数がかかりますか?
通常約1ヶ月はかかります。納骨日に間に合わせになりたい場合はお早めに霊園にご連絡ください。(※当霊園の場合約30,000円~40,000円。文字数によって、この限りではありません)
福岡市内在住の者です。子供がいないので、先々のことは最近よく耳にする樹木葬とか霊園などを探しています。公霊園にも県の霊園だったり、形態にも色々あるようですが…
霊園には、公営、民営、宗教法人の三種ございます。そのうちの民営は、6年程前から「公益財団法人」として国の監査のもとに運営されるようになりました。つまり、国が無くならない限り存続するということになります。お墓は、亡くなってからの心配をしなくてはならない事情です。今の時点で良くても将来安心できる場所を選ぶことは大切なことと思います。当霊園に限らず、公益財団法人の霊園は、直接行かれても親切丁寧に教えていただけますので、ぜひ足をお運びになってみてはと思います。
公営の霊園や納骨堂を検討しているのですが、納骨堂は宗派に属さないといけないとか、檀家にならないといけない等々、のちのち大変そうだなあという先入観を持っています。霊園が一番安定的だと聞くのですが、霊園の中でも公営の方が県や市がバックにあるので何かと安心できる印象を持っていますが、仕組みがどのようなのかであったり、例えば永代供養料込みで費用はどれくらいかかるのか見当がつきません。福岡市に住んでいますが、何かアドバイスなどありますでしょうか?
檀家にならなければ納骨堂に入れないというのは、宗教法人の霊園やお寺直営の霊園になります。永代供養については、少し前まではお寺でお願いするしかなかったのですが、最近は少子化や核家族化が進み、お墓の承継者に困る方が増加し、この世情に各霊園は対応に追われ、樹木葬・合葬墓・集合墓・夫婦墓等、永代供養付きのお墓が次々に建立されています。お墓をお求めになる方のお悩みに応じたそれぞれの形です。ぜひ各霊園に直接足を運ばれ、ご見学いただくとよろしいかと思います。相場は30万円~120万円と様々です。
福岡の霊園でお墓の中古物件などはあるのでしょうか?具体的に教えて頂けないでしょうか?
通常、お墓は必ず解体されます。そして整地され次の使用者へ渡されます。中古のお墓を販売することはあり得ないお話です。また、最近では使用者がお友達・知人に譲るケースはございます。その場合、名義変更ということになりますので、当霊園の場合であれば名義変更料(6,600円程)のみで譲っていただけます。
霊園・お墓のことでとても困ってます。両親が高齢ということもあり、三年前に熊本から福岡に移り住みはじめました。熊本には近くの霊園に自分たち用のお墓を建てようと思い、1区画を購入していました。熊本を離れたので、その霊園のお墓を他の方に購入していただきたいのですが、霊園を運営されている会社では、対応しかねるという回答があり困ってます。購入時よりも安価な金額でお譲りしたいのですが、仲介に入っていただける方法などはないでしょうか?。
お墓の土地売買は難しい問題ですね。そもそも、お墓の土地は永代に使用することができる借地です。つまり、必要なくなると返還しなければならない土地なのです。あくまで名義は霊園の土地ですから、勝手に売買することは違法になります。
今は神奈川県に住んでいます。今後も関東地方のどこかに移り住む予定です。主人(長男)は福岡の出身ですので、実家のお墓は福岡にあります。主人としても私としても、自分たちのお墓は、最終的に永住する地(関東)に新しく建てたいという意向はあります。遠く離れた九州・福岡にあるお墓に入るのは非現実的であると今のところは思っています。健在の、主人のご両親も福岡には住んでおらず、またお二人がどのようにお墓のことを考えているかは話したことがありません。主人としては今お世話になっているお寺のご住職と関係が上手くいっていないという理由もあり、これからもこのご住職と関わりたくないようです。福岡のお墓を関東に移す…など、どういった流れをとることが現実的なのでしょうか?福岡に移り住んでお墓を建てるのも視野に入れないといけないかとか。今檀家になっているお寺から籍をはずすことを考えたりもしますが、費用もたくさんかかったり色々と面倒そうです。
核家族化になった一番の悩みですね。お墓は将来ご子息が守ってゆくものです。ご両親のご意向も大切ですが、お参りさせていただく方の意向が一番ではないでしょうか。お参りできないところにお墓があっても供養にならないと思うのです。また、お墓を移されるとしてお勧めするのは、お墓のルーツを石板に残しておくこと、自分たちの先祖はどこで生まれ育ちどこに移住し今ここにお墓を移したということを子孫にわかるようにしておくことです。お墓は、子孫に残すものでお参りするものが自分のルーツを感じながら心のよりどころとしてあることが大切です。
お寺問題は、世襲制にあります。本来お寺のシステムは、どこのお寺も本山のものでなければなりません。それぞれの宗旨(禅宗・浄土宗・日蓮宗等)の名を名乗るには各宗旨の本山の許可が必要で本山からご本尊をいただくものです。したがって、住職が亡くなった場合、一旦本山に返され次の住職は本山から任命されなければならないのです。しかしながら、現在では住職のお寺になってしまい、住職が法になり檀家を小間使いするお寺が増えています。脱退(退転ともいう)するのにお金がかかるのは住職独自の法によるものです。支払う必要はありません。お布施は、喜びや真心からさせていただくものです。それを強要するのは詐欺行為になりますからハガキにやめると書いてお寺に送り内容証明を保管しておけば大丈夫です。
福岡でお墓のお掃除の代行をしてくれるところはありますか?福岡県外に住んでいるのですぐにお墓参りには行けません。でもお墓だけはきれいしてこうとは思っていますが。信頼できる業者などがあれば教えてほしいです。
当霊園もございますが、各霊園にはお掃除代行サービスがあると思います。霊園に直接お願いするとよろしいかと思います。また、霊園でない場合も近くの霊園にお願いすれば紹介してくれると思います。
私(主婦)の家族は主人・長女・長男で関東に住んでいます。主人の実家は福岡。お墓もあります。主人は長男なので、ゆくゆくはお墓を受け継いでいかないといけないと思っているようです。しかしながら、関東から九州は遠く、お墓の見守っていくのは厳しいのでは、と主人と話しをしていています。主人はまだ考えるのは早のでは…というスタンス。まだ30代ですが、このようなお墓のことなど家族で話し合うのは早いでしょうか?
お墓の承継は、長男という縛りはありません。お墓自体を永代供養のお墓に変更できる霊園もあります。つまり、親族に代わって霊園が管理してくれるシステムも増えています。ひと昔は前までは、一親等しかお墓に入れないという変な慣習がございましたが、仏教的にも法律にもどこにもその根拠がございません。お墓の使用者(代表者)が認める人は誰でも納骨可能です。承継も使用者とその親族の同意があればどなたでも承継することができます。息子娘、兄弟、叔父叔母、甥姪、従妹等、究極は友人へも承継できます。様々な悩みに応じている現在の霊園では必ずや対応してくれると思います。直接霊園に相談されてはいかがでしょうか?
ページの先頭へ戻る
©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.