福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

お墓・霊園の手引き

TOP

>

お墓・霊園の手引き

>

よくあるQ&A

よくあるQ & A

ここでは当園によくあるお問い合わせやご相談などを、Q&A形式でご紹介させていただきます。また、ご質問・ご相談がございましたらメールにてお寄せください。

生きてるうちに、お墓の準備はできるのでしょうか…?
できます。生前にご自身やご家族のためにお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」といい、「生前墓(せいぜんぼ)」などといいます。古代中国では生前墓を建てることは、長生きができる縁起が良いこととされてきました。日本でも大昔の「古墳」は、この由来によるものでもあり、時代を超えた現代でも珍しいことではありません。また、生前にお墓を建てておくと、祭祀財産の扱いになり、税金はかかりませんので、お子様などにお墓のことでご負担を掛けさせたくないという思いから、生前に購入される方も多いです。
民営の墓地は、このご時世、将来を考えると不安なのですが…
入手した墓地の使用権は、子から孫へと代々受け継がれるものです。管理・運営体制がしっかりしている霊園・墓地であれば問題はありません。皆さまのお墓をお預かりする墓所は、簡単になくなることはありません。まずはご自身の目で、色々な霊園・墓地・寺院を回られて、信頼のできる墓所選びをされることをおすすめします。
お墓はいつ建てるべきでしょうか…?
特別決まりはありませんが、新しくお墓を建てられる際は一周忌を目安に納骨を考えれられる方が多いようです。既に先祖代々のお墓を持たれている方は、一般的には49日の法要に併せて納骨を行うことが多いようです。しかしながら、必ずしも49日にお墓に納めなければならない理由も法律もございません。既にお墓をお持ちの場合も、新たにお墓を建てられる場合も、すぐに納骨ができない時は、一時的に寺院や霊園などに仮納骨をご相談されてみると良いかと思います。ご家族・ご親族と良く相談され、納得のいくお墓づくり、納得のいくタイミングで納骨されることをおすすめします。
公益財団法人の霊園墓地は、公営墓地や寺院墓地とどう違うのですか?
公益財団法人が主体となっている霊園墓地は民営霊園となります。規格墓所・自由墓所とも、多種にわたりお墓選びの選択が可能です。公営墓地と違い、建てる期日など決まりも少なく、規制がゆるやかなのが特徴です。また寺院墓地の場合は「檀家制」をとられているところも多いですが、民営霊園の多くは宗教、宗旨・宗派は不問のところが多いです。いずれにしても、公営墓地・寺院墓地も含め、色々と見てまわり、ご検討されることをおすすめします。
お墓の名義人を変更する場合、何を準備すればよいですか?
名義人変更の際は、新名義人の「戸籍謄本」、「印鑑証明」、及び「同意者(承認者)の印鑑証明」が各一通必要となります。また当園であれば、手続書にご署名を頂きますので、変更が必要になった際は、まずご連絡ください。詳しくご説明させていただきます。
お寺に所属していませんが、必要な時だけ呼んでいただけますか…?
当園の周辺・糸島エリア・福岡西エリアには、各宗派の神社・仏閣が多く所在しております。ご連絡いただければお客様の必要とされる宗派に応じて、その都度ご紹介いたします。
法要式を霊園で執りおこなうにはどうすればよろしいでしょうか?
当園には、園内施設として法要室・礼拝室がございます(有料)。まずは日時を決めてご連絡ください。お食事(有料・要予約)などができる和室もご用意しておりますのでご相談ください。
日々、どんな管理をしてらっしゃいますか?
例えば、ご建立頂いた方々がお墓参りの際に手向ける生花は、数日経つとせっかくの生花ではありますが見苦しい状態になります。特に台風などで天候が悪いと翌日には墓所通路などにもゴミが散乱したりもします。お客様にかわってそのような生花やゴミのかたづけなどをすることも、私たち霊園スタッフの日々の管理活動の一環です。その他にも、園内で植栽している花木の剪定や消毒、園内の雑草の刈り込みなどをはじめ、皆様がいつお越しになられても気持ちよくお墓参りや見学ができ、貴重な時間をお過ごしいただけるよう、日々清掃・管理業務に努めております。
ページの先頭へ戻る
©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.