福岡のお墓・永代供養なら糸島の大型霊園 福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

福岡糸島周辺情報

TOP

>

福岡糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

霊園の生花リレーは、アジサイへ。

ふたみブログ

2022.6.2霊園の生花リレーは、アジサイへ。

霊園の生花リレーは、アジサイへ。

霊園のベテランの植栽管理スタッフが言っていました。「20年くらい前のアジサイは梅雨の時期である6月半ばぐらいに綺麗に咲き出す花だったのに、今は1ヶ月ぐらい早まって咲き始めるようになってきた」と。それも、アジサイだけでなく全ての植物においても言えることだけど…、とも。

 

今日の写真は今日のお昼前、霊園管理事務所から目の届く場所にある「一人墓・帰寂苑」の区画内に咲き誇るアジサイです。

 

アジサイの花言葉のひとつは「移り気」。花に詳しくない方でも聞いたことがあるように、根を伸ばす土壌がアルカリ性であるか酸性であるかで花の色が変化します。
「七変化」という別名もつけられるほど“移り気”の多い花。霊園にも色とりどりの浮気性なアジサイがこの帰寂苑だけでなく咲いています。でも、件の植栽管理スタッフが言っているように、まだ北部九州は梅雨入りしていないのに花の色が綺麗な時期はピークを迎えてきています。梅雨の時期でない晴れの日でもアジサイを鑑賞できますので、霊園見学・お墓参りにいらっしゃった際にはぜひ園内のアジサイもご覧になられてください。特にここ帰寂苑区画内には、アジサイに紛れて、今日の写真にも写り込んでいる“お地蔵さん(私たち霊園スタッフはお坊さんと呼んでいます)”の形をした当霊園オリジナルのお墓もアジサイの丸い花の数に負けない数の丸い頭をご覧いただけます。お墓の形も七変化、です。

 

近年では終活の一環で、お一人さまの方でも霊園見学にいらっしゃる方も増えてまいりました。永代供養・一人墓「帰寂苑」は管理事務所からも目のいき届く安心の場所にある永代供養のお墓。アジサイの丸い花と共に丸い頭の仲間たちがたくさんいる賑やかな区画です。梅雨前の天気の良い日でもアジサイを鑑賞できるこの時期、霊園見学にぜひお気軽にお越しください。

 

永代供養・一人墓「帰寂苑」のご紹介ページはこちらから

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.