福岡のお墓・永代供養なら糸島の大型霊園 福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

福岡糸島周辺情報

TOP

>

福岡糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

今日は「重陽の節句」。皆さま、ご存知でしたか…?

ふたみブログ

2021.9.9今日は「重陽の節句」。皆さま、ご存知でしたか…?

「9」という奇数が重なる今日9月9日。皆さま、今日は何の日かご存知でしょうか…?
5月5日は「端午(たんご)」の節句、7月7日は「七夕(しちせき)」の節句、そして今日9月9日は…

 

9月9日、「重陽(ちょうよう)」の節句です。

 

重陽の節句は五節句の内のひとつ。中国では奇数を陽数、偶数を陰数とも言い、(諸説ありますが)縁起が良いとされるその奇数(陽数)の中でも最大の数字、“9”が重なるこの日を盛大に祝う中国の習わしが日本に伝わったことによる9月9日、重陽の節句。

 

重陽の節句は「菊の節句」とも呼ばれます。旧暦の9月9日頃に開花する生命力の強い花とされる菊を鑑賞しながら、この菊をお酒に浮かべた“菊酒”を飲んで長寿を願うという風習が日本では奈良時代頃から行われてきました。
ちなみに、旧暦の9月9日は現代では10月にあたり、実りの多いこの秋の時期、栗のご飯を食べて五穀豊穣を祈る風習も行われてきたことから、「栗の節句」とも呼ばれます。

 

写真は今日のお昼12時10分頃、霊園内の自由墓区画、黄色い元気な“小菊”をお供えされていたお墓です。福岡・糸島、今日は本当に良い天気で、青空、色々なカタチの白い雲、そしてこの菊越しに見える二見ヶ浦の海の色は紺碧で水平線もクッキリ、空気も澄みわたりとても清々しい一日でした。

 

「菊」のお花というと、ご葬儀をはじめ、仏事の行事で良く見かけるお花である印象から、“華やか”とは対極のイメージを持たれがちですが、実はそうではない、縁起の良い意味合いを持っているお花であるということを、今日の内容で、なんとなく知ることができた機会となれば幸いです。

 

霊園管理事務所内でお供え用として販売している色々な生花の中にも、地元・糸島産の元気な菊、ご用意しております。

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.