福岡のお墓・永代供養なら糸島の大型霊園 福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

福岡糸島周辺情報

TOP

>

福岡糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

合葬式墓所、福岡市でも。

ふたみブログ

2021.9.7合葬式墓所、福岡市でも。

写真は今日のお昼の霊園内。糸島・福岡、この時間の上空は白い厚い雲に覆われていましたが、午後になると局地的に雨が降ったりやんだり、かと思えば夕方近くになると雲の切れ間から太陽の光が差し込んだり、青空が垣間見れたりと、不安定な大気の一日でした。

 

そんな不安定な上空の下、凛とした十字架。写真は霊園内にご建立いただいている、とあるバプテスト教会様の合葬式墓所・合祀墓になります。当霊園は宗旨・宗派、国籍不問の霊園です。霊園内には十字架を彫刻したクリスチャン・キリスト教徒様のお墓や、写真のように十字架のモニュメントを附属させてデザインされているお墓も多くございます。今日の写真のように二見ヶ浦公園聖地では、個人・ご家族・御一族様のお墓だけではなく、教会単位での合葬式墓所・合祀墓もご建立いただけますので、ご用命がございましたらスタッフにご相談ください。

 

合葬式墓所と言えば、福岡市では今年に入ってテレビなどでも取り上げられているように、中央区にある市立の霊園で合葬式墓所の運営を開始されております(最初の募集は昨年秋に受付)。当霊園のような公益財団法人の霊園や宗教法人・民間などの霊園では、既にこのような合祀墓・合葬式墓所の設定があるところがほとんどですが、福岡市のこの取り組み、県内の公営霊園では今のところ他の市では無いようです。

 

合葬式墓所とは、多数のお骨をひとつの施設の中に一緒に埋蔵する形式の墓所のことで、お墓の承継者が先々不在になるご心配があるような方々にとっては、墓所の管理の必要がない(市立の霊園であれば市が管理、私たちのような霊園であれば霊園が管理)ので、将来無縁仏になる心配のないお墓です。永代供養墓とも言えます。核家族化・少子高齢化が進む昨今、ライフスタイルの変化、供養に対する考え方の変化に伴う近年の“お墓事情”のひとつです。

 

この中央区の福岡市立の霊園の今回の申し込みは8月15日で既に申込み受付は終了しており、利用者の決定は9月15日に公開抽選会が行われるとのこと。

 

私たち二見ヶ浦公園聖地で言えば、夫婦墓・家族墓・お一人様用のお墓「帰寂苑」がこの合葬式墓所にあたりますが、霊園やお寺、もちろん市でもその“合葬・合祀”の方法や設定も異なってきますので、ぜひ事前に色々と見学や確認をされてご検討されることをお勧めします。

 

当サイト内「キリスト教のお墓ご紹介ページ」はこちら

 

当サイト内「永代供養・永代供養墓についてのページ」はこちら

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.