福岡のお墓・永代供養なら糸島の大型霊園 福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

福岡糸島周辺情報

TOP

>

福岡糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

霊園の生花リレーは黄色いトーチへ。

ふたみブログ

2021.5.11霊園の生花リレーは黄色いトーチへ。

福岡県内は明日5月12日より緊急事態宣言が発出されています。ひと足早く、県内で予定していた東京五輪の聖火リレー中止の発表もありました。全国都道府県内で聖火ランナーが走らないのは福岡県が初めてのこと。皆さまご存知の通り、福岡では今日11日に平和台陸上競技場、北九州では明日、関門海峡ミュージアムイベント広場で、観客がいない状態で点火セレモニーの式典のみ実施予定。3密の回避が提唱される今の世情からいくと致し方ないことですね。一人ひとり、自分でできる行動の対策・気持ちの対策、今まで以上に気を引き締めていくしかありません。

 

写真は今日の夕方近く、曇り空の下の霊園内。
霊園の“生花リレー”は順当に進行しています。

 

3月中旬から始まった生花リレー最初のランナー“桜”、色彩をより濃くして繋いだ“つつじ”、甘い香りも届けてくれた“藤棚”、そして今からのランナー“あじさい”はまだ写真のように黄色い若い花のトーチですが、走り出しました。今日現在では一律で黄色い小花ですが、今から徐々に個性豊かな色とりどりの花に成長していきます。

霊園内のあじさいは、少し前までは梅雨の時期に開き始めるのが通年での流れでしたが、今年はいつもより少し早く咲くようだと、霊園内の植栽を丁寧に剪定・管理をしてくれている職人スタッフから聞きました。週間予報では福岡は明日から雨マークも続くようですので、梅雨と勘違いして今週・来週あたりからでも色花をお披露目してくれるかもしれませんね。

 

先日もご紹介したお一人様用の永代供養のお墓「帰寂苑」区画、特にあじさいが密集している綺麗な区画です。霊園入口からほど近くの場所ですので、霊園見学・お墓参りでいらっしゃった際には、ぜひ華やかな“ナイスラン”を眺めにお立ち寄りください。

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.