福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

糸島周辺情報

TOP

>

糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

彼岸入りの二見ヶ浦の夕刻の砂浜。

ふたみブログ

2020.3.17彼岸入りの二見ヶ浦の夕刻の砂浜。

写真は今日の夕方、霊園の閉門後の17時過ぎ、二見ヶ浦の浜辺にて。

今日3月17日は彼岸入り。皆さまもご存知かとは思いますが、

春のお彼岸は3月の春分の日(今年は3月20日)を中日として

前後3日間の計7日間の期間。今日から一週間、23日の彼岸明けまでが

お彼岸の期間です。

 

仏教の世界では、ご先祖様がいらっしゃる世界(極楽)を「彼岸(ひがん)」、

現世の私たちが生きている世界を「此岸(しがん)」と言います。

「彼岸」は西に、「此岸」は東に位置するとされ、3月の春分の日と

9月の秋分の日は、真東から太陽がのぼり、真西に沈むことから、

「彼岸」と「此岸」が最も近まり、通じやすい日になると考えられ、

この時期にご先祖様の供養をするようになりました。

 

今日の福岡・糸島、天候も良く、夕日も美しく、

彼岸入りにふさわしい日となった二見ヶ浦の夕刻のひととき。

夕日、砂浜、波、貝殻。ありきたりな写真になってしまいましたが、

演出をしたわけではありません。

この風景はここ二見ヶ浦ではいつでも見れる、ありふれた1コマ。

 

当園にお墓参り・霊園見学にお越しの際は、

霊園からも徒歩一分の場所にあるこのありふれたシーンを、

お帰りの際にでもご覧になられてください。

 

まずは彼岸。忙しい日が続く毎日かとは思いますが、

この時期にはご先祖様に想いを馳せるような

心にゆとりのある一週間となりますように。

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.