福岡のお墓・永代供養なら糸島の大型霊園 福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

福岡糸島周辺情報

TOP

>

福岡糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

お彼岸。彼岸花、五稜郭、ペンタゴン。

ふたみブログ

2022.9.2お彼岸。彼岸花、五稜郭、ペンタゴン。

お彼岸。彼岸花、五稜郭、ペンタゴン。

写真は今日の午後4時頃の霊園の入口手前道路沿いの法面(のりめん)に咲く彼岸花。福岡・糸島、台風の影響により上空は厚い雲に覆われる日が続きます。予報によると、台風11号は来週の火曜あたりに九州北部に最接近とのこと。それまではしばらく今日のような厚い雲に覆われて雨が降る日が続くようです。皆さま、台風の備えはくれぐれも万全に。

 

9月に入りました。お彼岸の月です。今年の秋のお彼岸は9月23日の秋分の日を挟んで前後三日間がお彼岸期間。20日が彼岸入り、23日の秋分の日が中日(ちゅうにち)、26日が彼岸明け。日々の生活で忙しい日常をお過ごしかとは思いますが、お彼岸期間は秋分の日の祝日をはじめ週末も挟みますので、ぜひこの期間はご先祖さま・故人さまに感謝の想いを馳せることのできる時間と心のゆとりがありますように。

 

今日の写真・彼岸花に関しては、どのような花なのかなど以前にも何度か取り上げてきましたので、まずは当サイト内(PC版)にある検索窓で“彼岸花”、検索されてご覧いただきたいと思います。

 

首の長い茎に蜘蛛の姿のような独特な赤い花。そして何より球根に毒性を持つ花として知られ、一般的には少し近寄りがたい花ではありますが、霊園の“防人(さきもり)”の役目も果たしながら、1月の椿に始まる霊園の生花リレーの走者として、タスキを繋いでくれています。
この彼岸花、今日のように真上から見てみたことで、より一層霊園の頼もしい防人たる由縁を発見できました。

 

アメリカの国防総省(通称ペンタゴン)、北海道函館市の五稜郭。
皆さま、この二つの共通項、わかられますでしょうか…?

 

答えは五角形。
15世紀半ば頃からイタリアで広まった要塞の形状で、『星形要塞』と呼ばれるものがあります。星形(ペンタグラム)は対角線の頂点を繋ぐと正五角形。この五角形は理論的に導き出された“攻防に長けた最強の布陣・要塞”と言われています。敵からの攻撃に対する“死角”を防ぐ上、どこから攻撃されてもすぐに応戦できる、特に守備に適した合理的な形状とされてきました。日本では戊辰戦争で新政府軍と戦う旧幕府軍が最後に立てこもった場所が五稜郭、そしてアメリカを守る中枢機関、国防総省・ペンタゴン。

 

そして、霊園に咲く彼岸花。真上から見ると…、

 

見つけました、防人の名を裏付ける由縁を(…!)。モグラなどの土壌の外敵から毒性の球根でもってその土地を守るだけでなく、自らも(…!)
鉄壁の守りの防人です。その頼もしい居住まいで霊園の土壌をしっかりと守ってくれています。

 

お彼岸期間、当霊園には、お墓をご建立いただいているそのご家族様・ご親族様など、3000名以上の多くの方々がお墓参りでいらっしゃいます。ご先祖さま・故人さまもつい先月お盆で大忙しだったのに、お彼岸でまた皆さまにあえること、忙しい反面、とても楽しみにされているかと思います。海と空が近いから、想いが届きやすい霊園・二見ヶ浦公園聖地。お墓参りの際は感謝の想いをぜひご先祖さま・故人さまにお伝えください。

 

そして霊園にお越しの際は、入口前の法面に咲く、凛とした霊園の防人たちに労いの言葉も届けてあげてください(…!)

 

 

◇今日のお墓の紹介
『瑞雲区(ずいうんく)』は、予め形状の決まっている墓石と墓地がセットになった“規格墓”。
当霊園以外の霊園やお寺のお墓などで、隣り合わせのお墓と密接していてお墓のお掃除やお手入れがしづらかった経験はございませんでしたか…?
瑞雲区は前後に石畳の通路を設けており、左右隣り合わせのお墓とは15センチ以上の間隔を保って建立しているゆとりの独立設計。お彼岸の時など、お墓参りの方々が多くいらっしゃる際でも、お隣に気を遣わずにお墓参りができますよ。

 

◆規格墓「瑞雲区」のご紹介ページはこちらから

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.