福岡のお墓・永代供養なら糸島の大型霊園 福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

福岡糸島周辺情報

TOP

>

福岡糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

今日はお彼岸入りです。霊園に多いご質問、「お墓の引っ 越しについて」。

ふたみブログ

2022.3.18今日はお彼岸入りです。霊園に多いご質問、「お墓の引っ 越しについて」。

今日はお彼岸入りです。霊園に多いご質問、「お墓の引っ 越しについて」。

皆さま、今日3月18日はお彼岸入りです。今日から一週間はお彼岸期間。24日が彼岸明けです。3連休を挟みますのでぜひ、この期間だけでもご先祖さま・故人さまに想いを馳せることのできる時間と心のゆとりを。

 

当霊園にもこの期間はとても多くのお墓参りのご来園者が多い日々ではありますが、ここにお墓を建てていらっしゃらない方がご家族・ご親族さまでご来園され、霊園見学にいらっしゃる方も多い期間となります。

 

その時によく聞くお話は、『今は遠方にお墓があるけども、気軽にお墓参りに行けるように現在住んでいる家の近くで霊園を探して引っ越したい』という類のご相談です。

 

“お墓の引っ越し”を“改葬(かいそう)”といいます。
でも皆さま、引っ越しといっても、今別の場所で立てている石・墓石を持って来る…という意味ではありません。
今あるお墓できちんと“魂抜き”をしてご遺骨を取り出し、それを今から新しくお墓を建てる場所(霊園やお寺など)へ持って行き、新しく建てるお墓に改めて“魂入れ”をして安置しなおす…ということです。

 

また、似たようなケースで良くあるご相談もあります。
今お墓を建てている霊園(お寺など)内で、最近よく見聞きする“墓じまい”をしてその敷地内の合葬墓や納骨堂に移し、霊園が永代に渡って管理する“永代供養”に移行する…というケースもあります。この場合、通常の霊園では、墓石を解体し、墓地を整地することになるのですが、一般的には整地料が掛かってきます。私たちの霊園・二見ヶ浦公園聖地ではこの費用が不要としています。また当霊園にご建立いただくお墓は、全て永代供養にすることが可能です。

 

お彼岸期間、ご家族・ご親族さまが集まる機会も多いと思います。“お墓の引っ越し(=改葬!)”のご相談など、些細なことでもお尋ねになりたいことがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

 

今日は昨日夜半から降り出した雨模様の福岡・糸島。そして夜の長さと昼の長さが逆転し、今からは昼の時間が長くなる一方となった福岡・糸島。

ぜひ、糸島の春の景色を眺めにお越しください。

 

当サイト内、霊園・お墓のよくあるご質問・ご相談をまとめたQ&Aページはこちらから

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.