福岡のお墓・永代供養なら糸島の大型霊園 福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

福岡糸島周辺情報

TOP

>

福岡糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

お彼岸二日目、二見ヶ浦の海に沈みゆく夕日。

ふたみブログ

2021.9.21お彼岸二日目、二見ヶ浦の海に沈みゆく夕日。

昨日のお彼岸入りから二日目を迎えたお彼岸期間の今日、18時頃の二見ヶ浦の夕日。今日の福岡・糸島の日の入り時刻は18時17分。この写真が今日最後に見れた夕日となりました。この撮影後、日の入りの時刻までは水平線のすぐ上にある厚い雲で、二見ヶ浦の海に隠れゆく美しい夕日の姿はお預けとなりました。

 

春も秋もお彼岸の時期は太陽が真東から昇り真西に沈むとされています。
ご先祖さまもいらっしゃる「極楽浄土」はその「西」にあるとされていることから、真西に沈む夕日が極楽浄土へ一番近づく道標と考えられ、現在のお彼岸の行事が生まれました。その極楽浄土に思いを馳せ、供養する「お彼岸」。二見ヶ浦の海には今日の写真のように夕日の道標、伸びているようです。皆さま、今週は祝日も多い一週間です。ぜひご先祖さま・故人さまに感謝をお伝えできる心のゆとりがございますように。

 

ちなみに今日9月21日は「中秋の名月」でもあります。一年のうちで一番月の美しい日。月を愛でる日。しかしながら福岡・糸島、あいにくの天気ですので、日の入り後、19時前の時点では満月も上弦が雲で隠れていました。

まだお彼岸の期間である今週、明日以降は天候が回復する予報です。
まだまだ先の見えないコロナ禍、その中でも必死に忙しく暮らしている私たちではありますが、ここ数日だけは、ご先祖さまに思いを馳せ、普段は気にしない月を愛でる心のゆとり、こういう時にこそ必要なのかもしれませんね。

 

糸島の景色も楽しみに、お墓参り、霊園見学、お気軽にお越しください。

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.