福岡のお墓・永代供養なら糸島の大型霊園 福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

福岡糸島周辺情報

TOP

>

福岡糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

今日はお釈迦さまの誕生日。

ふたみブログ

2021.4.8今日はお釈迦さまの誕生日。

4月8日。今日はお釈迦さまの誕生日。皆さま、ご存知でしたか?悟りを開いたお釈迦さまは今から遡ること約2500年前、地図で言うと現在のネパールに位置する“ルンビニー”という花園で誕生されました(ちょっとした豆知識その①です)。

 

写真はそのお釈迦さまの誕生日である今日の午後に撮影した、霊園にいらっしゃるお釈迦さま。霊園内の“二見堂”という回向墓の建物内に、凛とした立ち姿でいらっしゃる木造の“立像”です。50㎝~60㎝程度の仏像ですのでそんなに大きくはありませんが、小さな体躯でここ二見ヶ浦公園聖地をしっかりと見守ってくれています。

 

仏像には“立像”も“坐像”もございますが、“立像”は人々を救済しようと立ち上がった姿勢だと言われます。“坐像”の姿は、瞑想の修行中との意味があったり、説法をしている姿だとも言われます。如来像には立像も坐像もどちらも多く存在しますが、一番尊い最高位の「大日如来」だけは必ず“坐像”しか存在しません(ちょっとした豆知識その②です)。

 

話はお釈迦さまの誕生日に戻りますが、約2500年前の4月8日当日のルンビニーでは、お釈迦さまの誕生を祝うかのようにあたり一帯には色とりどりの花が咲き誇り、天から甘露の露が降り注いだと言われています。今日の写真のお釈迦さまがいらっしゃる霊園の回向墓はそこから“甘露の法雨会”と命名。霊園が責任を持って定期的に供養・法要を執りおこなって永代供養をいたします。詳細をお聞きになられたい方は、お気軽にスタッフまでお尋ねください。
ちなみにお寺などによってはお釈迦さまの誕生日をお祝いする行事として、お釈迦さまの像に“甘茶”をかけてお祝いする「灌仏会(かんぶつえ)」という行事があるお寺さんも多いです(ちょっとした豆知識その③です)。

 

特に木製の仏像は、眺める角度や光の当たり具合によって色んな表情を見せてくれます。今日のお釈迦さまのこの写真のこの角度、優しいまなざしを向けてくれるとてもいいアングルです。
霊園スタッフの中には仏像に詳しいスタッフもいますので、ご興味のあられる方はぜひ霊園管理事務所をルンビニーにするほどゆっくり仏像談議に花を咲かせませんか?

 

今日はお釈迦さまの誕生日ということで、内容が仏教めいてしまいましたが、当霊園は国籍・宗教・宗旨宗派を問わずにお墓を建立できる公益財団法人の霊園です。お墓に関するご相談はどんなことでもお気軽にお問い合わせください。

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.