福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

福岡糸島周辺情報

TOP

>

福岡糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

仏界と現世を区切る霊園の「結界」、石燈籠。

ふたみブログ

2019.12.18仏界と現世を区切る霊園の「結界」、石燈籠。

福岡・糸島、昨日今日と日中は17℃前後と言う気温で、

暖冬の暖かさを感じられる日が続いています。

 

写真は今日のお昼。

霊園の入口から入られて、右手に霊園管理棟を見た時の左手にある「石灯篭」。

写真手前と、園内道路を挟んで向かい側にあります。

 

神社・仏閣に行かれた際にもよく見る光景です。

この石燈籠、仏界と現世を区切る「結界(けっかい)」として存在します。

霊園敷地内も正確に言うと、この対になった石灯篭が本当の意味での

霊園となります。この対の灯篭を過ぎるとご先祖様がいらっしゃる神聖な区域。

当霊園のこの石燈籠は、平成12年に寄贈されたものです。

 

「灯篭」とは読んで字のごとく、灯の篭(カゴ)。

囲いをして火が消えないようしたもののことを言います。

そしてその籠の部分を「火袋」とも言います。

 

当霊園のこの灯篭の火袋もそうですが、多くの神社などの火袋には、

良く見ると、鹿のレリーフが彫刻されています。

これは、神様が鹿を引き連れて来られたという言い伝えから転じて、

鹿は神聖な動物とされていることによります。

 

もうすぐお正月。

初詣で神社などに行かれる方も多いと思いますが、

この「結界」を通り過ぎる時は、神聖な敷地に入るという

ピリッとした気持ちで足を踏み入れると、

今までとは景色が違う初詣となるのではないでしょうか…?

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.