福岡のお墓・永代供養なら糸島の大型霊園 福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

福岡糸島周辺情報

TOP

>

福岡糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

霊園の相棒。

ふたみブログ

2022.3.31霊園の相棒。

霊園の相棒。

胸高幹周は約220cm。直径約60cm。霊園を一番古くから見守ってくれている桜の木・ソメイヨシノ。雨でも、葉桜でも、圧倒的な存在感。

 

私たちの二見ヶ浦公園聖地の敷地は玄海国定公園の一部。そして私たちの霊園の開園は昭和56年、西暦では1981年。約40年になります。一般的にソメイヨシノの寿命は60年から80年、樹齢50年で幹周250cmと言われています。

 

写真の霊園の一番古参のソメイヨシノ。開園前からこの地にある桜の木と聞いています。記録として残ってはいませんがこの木は私たちの霊園とほぼ同じ年の重ね方をしていると推測されます。言わば私たちの霊園の“相棒”。一番の長寿ではありますが、ご覧のようにまだまだ繁栄の枝を広げてくれています。

 

この木は霊園内で一番高い頂上から下る道、曲がりくねった桜ロードの途中の海寄りの休憩地点の広場に立っています。この場所のほんの数メートル先には二見ヶ浦の海を眺めることのできる木製の展望台がございます。多分このソメイヨシノの枝の一番高い部分からはその展望台よりももっと見晴らし良く二見ヶ浦の海が見えているはず。
霊園だけでなく、二見ヶ浦の海まで何十年も見守ってくれているような気がします。

 

福岡・糸島、桜のシーズンはピークを過ぎましたがこれからの時期、霊園の中だけでもツツジ・藤棚…、色とりどりの美しい花の“生花リレー”が続きます。お墓参り・霊園見学にお越しの際は二見ヶ浦の海景色を眺めながらの色とりどりの花景色、海を見渡す私たち霊園の特等席、楽しみにお越しください。

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.