福岡 霊園 お墓 永代供養なら二見ヶ浦公園聖地

  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

092-327-2408

糸島周辺情報

TOP

>

糸島周辺情報

>

ふたみブログ

>

昨日が「お彼岸入り」です

ふたみブログ

2019.3.19昨日が「お彼岸入り」です

昨日18日(月)が春の彼岸入りでしたね。

以前も投稿したようにお彼岸の期間は、「春分の日(今年は3月21日)」を挟んで

前3日、後3日の計7日間のことを指します。

「春分の日」を「中日(ちゅうにち)」と呼び、

最後の日を「彼岸明け」といいます。

 

昼と夜の長さがほぼ同じになるこのお彼岸の時期から、次第に気温も変化してきます。

 

ご多聞に漏れず、霊園の桜の蕾も、この陽気に誘われて、少し膨らみをみせてきました。

写真は今日のお昼前、朝の雲の多いぐずついた天気も去り、

一転して晴天に変わってきはじめた時間帯の霊園内の桜ロードの桜の写真です。

 

今日時点の福岡の開花予想は3月20日、満開予想は3月31日とのこと。

 

小耳に挟んだ話だと、福岡の開花宣言を判断するための「標準木」は

福岡市中央区の福岡管区気象台にある桜が「標準木」なのですが、

ただし、この標準木の桜は“老木(ろうぼく)”なので、

少しでも早く子孫を残そうとして少し早目に咲くのだそうです。

お花見などのスポットで見る桜は、この「老木」の開花に比べると少しずれるそうです。

なるほど、です。

 

春直前の過ごしやすい体感気温になってまいりました。

当霊園の桜ロードの桜をはじめとする桜の木たちの開花も間もなくのようです。

 

皆さま、お彼岸のご準備、お墓参りのご予定はいかがでしょうか…?

 

日々忙しい毎日の連続かとは思いますが、お彼岸・お盆などせめてこの期間だけでも、

ぜひ、ご先祖様に感謝を捧げ、近況を報告するような、心のゆとりを。

©FUTAMIGAURA Foundation.All Rights Reserved.