公益財団法人二見ヶ浦公園聖地

お墓のQ&A

生きてるうちに、お墓を準備したいのですが
生前に、自分や家族のためにお墓を建てることを寿陵といいます。
古代中国では寿陵を建てることは、反対に長生きができると云われています。むしろ縁起が良いとされ、現代でも珍しいことではありません。
また、税金はかかりませんので、税金対策を兼ねて購入される方も多いようです。
民営の墓地は、将来を考えて不安なのですが…
入手した墓地の使用権は、子から孫へと代々受け継がれるもの。
管理・運営体制がしっかりしておれば問題はないと思いますが、長い目で信頼される霊園をお選びください。
お墓はいつ建てるべきでしょうか?
特別決まりはありませんが、一周忌を目安に考えればよいと思います。
火葬後すぐにお墓に納める方もいらっしゃいますが、一般的には49日の法要と併せて行うことが多い様です。
しかし、必ずしも49日にお墓に納めなければならないわけではありません。
すぐに埋葬できない場合は、一時的に寺院・霊園等に仮納骨をご相談され、区切りを決めて、お墓に納めるのも良いかと思われます。
公益財団法人の霊園墓地は、公営墓地や寺院墓地とどう違うのですか?
公益財団法人が主体となっている霊園墓地は、民営霊園となります。規格墓所・自由墓所地とも、多種にわたりお墓選びの選択が可能です。
日々、どんな管理をしてらっしゃいますか?
お参りの際の生花、数日経ちますと、生花が見苦しい状態になります。お客様にかわって生花の片づけを行っております。
その他、園内の植栽されている木の剪定・消毒、園内雑草の刈り込みなど、皆さまがいつご来園されても気持ちよく過ごしていただけるように、清掃・管理を行っております。

ページの先頭へ

ご見学・資料請求お問い合わせなど、お気軽にお電話ください。092-327-2408